解決事例詳細

自賠責非該当から後遺障害等級8級認定(賠償金3920万円)を得た例

後遺障害等級「変更」事例
エリア名
東京都
金額
3920万円
等級
8級

関節可動域制限が残存した被害者について、自賠責保険では「非該当認定」(後遺障害の補償なし)だったが、裁判で可動域制限のメカニズムを証明し、8級相当の賠償金(約3920万円)を得た例。

  • icon

    関節可動域が5%以下なのに自賠「非該当」

    ご依頼人は、関節部を骨折し、関節可動域が5%以下(用廃)であるにも関わらず、自賠責保険の審査においては後遺障害「非該当の認定でした。

    その理由は、骨折部は「癒合している」というものでした。

    主治医の診断書上、「靭帯部に損傷がある」ことが記載されているにもかかわらず、骨折部が「癒合」している(骨がくっついている)ことを理由に非該当とされたのです。


  • icon

    裁判における闘い

    自賠責が後遺障害を認定しなかったため、裁判で可動域制限(後遺障害等級8級)で提訴することとしました。

    裁判においては、①協力頂ける専門医に依頼して詳細な医療鑑定を行い、②客観的に「靭帯損傷の事実・部位」を明らかにするとともに、③同「靭帯損傷」と可動域制限の医学的整合性を立証しました。また、主治医の先生に追加の意見書を作成頂きました。

    しかし、加害者側の保険会社からは「靭帯損傷がない」という趣旨の複数の医学的意見書が提出され、「靭帯損傷の有無」が激烈に争われました

  • icon

    和解解決(8級)

    裁判に1年以上がかかりましたが、関節用廃(8級相当)という和解所見を裁判所から頂くことができ、約3920万円の補償をうけることができました。

    当方の主張がほぼ全面的に認められた和解所見であったため、和解解決することを選択しました。

お客様の声

お忙しいところ裁判のたびにくわしいご説明をしていただき、親身になって頂きました。

様々なアプローチで理不尽な保険会社の主張を打ちくずして下さり、安心してお任せできました。

大変大変感謝しております。


アンケート結果

Q1

弁護士からの説明は分かりやすかったですか?

〈ご回答〉 大変わかりやすかった


Q2

弁護士はあなたの話をよく聞いていましたか?

〈ご回答〉 大変良く聞いていた


Q3

案件の解決結果はご満足いただけるものでしたか?  

〈ご回答〉 大変満足している


Q4

弁護士の交通事故に対する知識は十分と感じられましたか?

〈ご回答〉 大変豊富である


Q5

弁護士の後遺障害に対する知識は十分と感じられましたか?

〈ご回答〉 大変豊富である


Q6

弁護士を信頼できましたか?

〈ご回答〉 大変信頼できた


Q7

同様の交通事故被害に遭われた方に、当事務所をお勧めできますか?

〈ご回答〉 大変お勧めできる


大石法律事務所コメント

大石法律事務所コメント

本件で争点となったのは「靭帯損傷」の有無という「客観的」な事実ですから、「真実は一つ」のはずです。

それなのに、その「有無」を巡って複数の医師から「異なる」意見がだされ、1年以上裁判をすることとなりました。

「関節」に関する後遺障害の難しさを体現した例であったと言えます。

結果として「靭帯損傷」による「可動域制限」が認められましたが、自賠責認定のままでは、関節がほぼ動かないにもかかわらず補償は「なし」でした。

関節に限りませんが、やはり被害者だけで「後遺障害」の問題に取り組むことには限界があると考えますので、経験豊富な弁護士に相談されることをお勧め致します

ご依頼人からは、賠償金で引き続き通院治療ができるというお言葉も頂きました。通院継続されることで、少しでも緩解されることをお祈りしております。

他の事例を見る