解決事例詳細

頚椎捻挫症例(後遺障害14級)で賠償額156万円増加した事例(示談交渉)

後遺障害事例
エリア名
旭川市
金額
333万円→489万円
等級
14級9号

頚椎捻挫で14級9号が認定されている依頼者の件で、賠償交渉を担当。

交渉を行い約1.5倍(156万円増)で示談解決に至りました

お客様の声

弁護士に相談するというのは初めてで、勇気のいる行為だったのですが親身に聴いてくださり、又、誠意あるご対応をいただけました。

損害賠償額も156万8千円の増額となり大変満足しております。

大石先生に依頼して本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

アンケート結果

大石法律事務所コメント

大石法律事務所コメント

後遺障害認定を得られてのご相談だったので、賠償交渉のみを担当しました。

「適正な補償」を受けるには、「①適切な後遺障害認定」と「②適切な賠償交渉」の双方が不可欠です。

同じ後遺障害等級でも「②適切な賠償交渉」によって大きく賠償額が増加することは多々あります。

「賠償交渉」だけでも弁護士に相談する価値はあると思います。

他の事例を見る